二重整形で新しい自分に!整形で大きく吸い込まれる瞳を実現

二重整形を失敗しないため

看護師

手術前の心得

二重整形はメスを使用しない手術法もあり、短時間で終わる事で気軽に受けられる印象があります。確かにそうなのですが、手術を受ける事に対しての意識が不十分だと失敗する恐れもあります。誰でも整形が失敗するのは嫌ですよね。理想の二重になれるよう、手術前は心得を覚えておきましょう。
まず、二重整形を行う際は、まぶたの健康状態が良いのが前提です。まぶたに腫れやできものがあれば、手術を行う事は出来ませんよね。そのため、まぶたが腫れたりむくんだりするような行動は厳禁!塩分やアルコールといった、体にむくみを与える可能性のある食事は控えるようにしましょう。もしも手術の予定日が近い日に何らかのトラブルでまぶたが腫れてしまった場合は、すぐにクリニックに連絡しましょう。普段寝る前にお酒を飲むのが好きな人や、夜更かしが好きな人も、手術を成功させるため体を気にかけてあげましょう。

手術後に意識する事

二重整形の手術後は、まぶたが腫れ、デリケートな状態です。手術前と同様、刺激を与えればまぶたの腫れが長引く事になります。塩分、アルコールは控え、激しい運動も行ってはいけません。毎日のジム通いが日課になっている人も、この期間はお休みするようにしましょう。ドクターの指示にもよりますが、場合によっては内服薬を渡される事もあるので、毎日忘れずお薬を飲み忘れないようにして下さい。言われたことを守ることで、術後の経過も順調にいくでしょう。二重整形は手術が終わってからも気にかける事が多いですが、このダウンタイムをしっかり乗り越えれば、理想の二重まぶたになれるはずです。

Copyright© 2019 二重整形で新しい自分に!整形で大きく吸い込まれる瞳を実現 All Rights Reserved.