二重整形で新しい自分に!整形で大きく吸い込まれる瞳を実現

目頭切開法の特徴

医者

目頭切開法とは

日本人の多くは、「蒙古ひだ」と呼ばれる部分に目頭が覆われています。蒙古ひだを持つ事は珍しくはありませんが、蒙古ひだによって目と目が離れている印象を持たれます。目元が涼しげでクールな印象を与えてくれますが、人によってはこれがコンプレックスに感じる場合もあるようです。蒙古ひだを切開する事で目がパッチリとした印象になるので、目元が離れている、目を優しげにしたいと思う人に、目頭切開法はおすすめの方法です。

目頭切開によってどんなメリットがある?

目頭切開法は、蒙古ひだを切開する手術法です。蒙古ひだに直接メスを入れて目と目の間隔を狭くし、目元をパッチリとさせる事が出来ます。糸によって二重を固定する事で目を大きく見せる埋没法と異なり、目頭切開法では半永久的に大きな目をキープする事が出来ます。なので、定期的にメンテナンスを行う必要もなく、パッチリとした目を長持ちさせることが出来ますよ。
また、メスを使用する事は痛いように思われますが、手術を行う際には局所麻酔を使用します。麻酔の力によって痛みを感じる事はないので、安心して手術を受ける事が可能です。目元を大きくしたり、柔らかい目の印象にしたい人にぴったりの手術法です。ただ、目頭切開法は蒙古ひだを切開し、目元を大きく見せる手術法なので二重のラインをくっきりさせるわけではありません。もし二重のラインを強調した場合は、二重整形をあわせて受けると良いでしょう。中でもおすすめなのが、二重整形の中でも気軽に受けやすい埋没法です。埋没法は、二重のラインを糸で固定する事でまぶたが二重になる二重整形の1つです。埋没法と目頭切開法の2つの手術を受ける事で、より目が印象的な仕上がりとなります。また、二重整形には埋没法以外にも色んな方法があるので、どの手術が自分に適しているかリサーチすると良いでしょう。

Copyright© 2019 二重整形で新しい自分に!整形で大きく吸い込まれる瞳を実現 All Rights Reserved.