二重整形で新しい自分に!整形で大きく吸い込まれる瞳を実現

埋没法は自分に合う方法を

顔に触れる女性

人気の埋没法の特徴

埋没法は、メスを使用せず短時間で手術が終えられる事で「プチ整形」と言われ、気軽に二重になれる方法です。目の整形と言えば、まぶたをメスで切り開き、二重を作り出すイメージが強いかもしれません。しかし、埋没法はまぶたを切開する必要はなく、医療用の細い糸でまぶたを何カ所か留め、二重を維持します。二重整形の進歩により、手術にかかる時間はかなり短くなっています。切開法では30分ほどかかりますが、埋没法はなんとそれの3分の1の10分程で手術を終える事が可能です。しかも、他の手術に比べてまぶたの腫れが少なく済むのも特徴です。手術後の腫れが長引けば、メイクが出来なかったり、サングラスをかけて外出する必要も出てきます。仕事への支障も少なからずあるでしょう。ですが、埋没法は腫れのおさまりも他の手術に比べて早いので、二重整形したことが気付かれにくいです。短時間で行なえて、手術後の腫れも少ないので、「忙しいから手術時間は短いほうが良い」という人でもすぐ手術を受けられるのが魅力です。また、気軽に行える二重整形なので、初めて整形手術を行う方にもおすすめです。人気の二重整形というだけあって、ネットで見られる口コミの件数が多いのも特徴なので、手術を行うイメージがしやすいのも嬉しいですね。

埋没法のデメリット

埋没法は、短時間で行なえて痛みも腫れも少ない二重整形です。しかし、埋没にもデメリットがあります。それは、永久に二重が続くわけではないという点です。切開法ではメスを使用し二重を作ります。ですが、埋没法は二重になるよう細い糸でまぶたを固定しています。糸の耐久性は永遠ではなく、持続する期間は短くて半年、長くて数年だと言われています。糸の耐久性が落ち一重に戻ってしまった場合、再度クリニックで手術を受ける必要があります。手術自体は短時間で終えますが、定期的にクリニックに通う必要があるというデメリットがあります。手術を受ける際は、その点をふまえておきましょう。

自分に合った埋没法を知る事が大切

埋没法とひと言で言っても、埋没法には色んな方法があります。人によっては合う合わない方法があるので、自分に合った埋没法を選びましょう。
手術法には、1点留め法や3点留め法、ダブル・ノット法などがあります。いずれも二重のラインに沿ってまぶたに糸を通す方法であり、手術法によって糸を通す本数が多くなります。一重・奥二重によって向いている埋没法があるので、自分のまぶたにはどの方法が適しているかドクターと相談しましょう。また、クリニックによっても、種類の名称や、扱う種類が異なる可能性があるので、カウンセリングの際に確認してみるといいです。

Copyright© 2019 二重整形で新しい自分に!整形で大きく吸い込まれる瞳を実現 All Rights Reserved.