二重整形で新しい自分に!整形で大きく吸い込まれる瞳を実現

二重整形で毎日二重に

診察

二重のりは皮膚トラブルの元

一重まぶたは、涼しげな目元で賢そう、という印象を持たれます。しかしその反面、目つきが悪く恐そうという印象を持たれてしまいます。もちろん大切なのは見た目ではなく内面ですが、第一印象はなるべく柔らかな印象を持たれたいですね。そのため、一重から二重になりたいと考え、「アイプチ」を行う方も多いです。アイプチを続ける事でまぶたにクセが付き、一重から二重になる可能性もありますが、アイプチの際に使用する「のり」によって色んなトラブルが起こります。
まず、デートの最中にアイプチが取れてしまうのが嫌で、のりを厚塗りしすぎるとアイシャドウにより剥がれたりダマとなってしまいます。次に、のりが肌に合わず肌がかぶれたり痒みが起こるトラブルが考えられます。かぶれがあるとアイシャドウは使用出来ず、かゆみがあるとつい掻いてしまいます。目の付近にある皮膚はデリケートですし、目自体に大きなトラブルがあると大変なので、肌へのリスクを考えるとアイプチには色んなデメリットがあります。今はアイプチ用のアイテムが低価格で販売され気軽に二重の気分を楽しめます。ですが、持続性がなく肌トラブルもあるため、どの方法が適切なのか考えていくといいです。

二重整形で二重まぶたになろう

アイプチでは満足できず、「ずっと二重まぶたでいたい!」と感じる方は思い切って二重整形を行いましょう。二重整形といっても色んな種類があり、埋没法と言われるメスを使用しないプチ整形や、切開を行い半永久的に二重を手に入れられるものなど、さまざまな二重整形があります。アイプチと異なり、毎朝自分でせっせと二重を作る必要はありません。「自分に合った二重整形が分からない」と迷った場合は、気軽にクリニックでカウンセリングを受けましょう。専門のドクターが、1人1人に合った二重整形を法を提示してくれるでしょう。ぜひ、自分に合った二重整形を知り、二重美人になりましょう。

Copyright© 2019 二重整形で新しい自分に!整形で大きく吸い込まれる瞳を実現 All Rights Reserved.